情報学部 情報学科
*

コンピュータ科学コース
ハード・ソフト両面からアプローチできるから高度情報社会の進展にあわせた多角的なカリキュラムを編成。高度情報社会の進展にあわせた多角的なエンジニアの可能性を追究して生まれたのがコンピュータ科学コースです。

学びのポイント

主要科目講義概要

講義で学んだ知識をモノづくりを通して身につける実習・演習科目も多彩に用意。社会的な評価も高い「基本情報技術者試験」などの国家資格試験に対応した講義も開講しています。

情報学科
共通科目

基礎ゼミナール

次の3つの分野の演習を通して、大学での学習の進め方を修得することを目標にします。

  • ①Flashを用いて基本的なアニメーションを制作し、プログラミングの概念を修得する。
  • ②ロボットを制御する過程を通しプログラミングの基本を体験する。
  • ③LAN接続の基本的なハードウェア特性を解析しながら、いくつかのアプリケーションを動かすことにより、プロトコルの概念を修得する。

プログラミング序論

プログラミングの入門科目です。プログラムを作成するための基本的な分析手法と、アルゴリズムを学習します。
コンピュータ言語としてC言語を想定し、文法、繰り返し、条件分岐などアルゴリズム作成の基本となる基礎知識を修得します。
例題やドリル問題等を実際に手を動かし解いていくことでプログラミングを身につけていきます。

コンピュータ
科学コース

離散数学I

コンピュータが扱う情報はディジタル量すなわち離散的な量です。
離散数学はこうした離散的な対象を扱う数学で、非常に幅広い分野に応用されています。
この授業では講義と演習を通じて、離散数学における基本的な概念・用語・手法の理解と修得を目的としています。
扱う内容は主に集合、関係、グラフ理論の基礎となります。

ソフトウェア工学

ソフトウェアを迅速に開発し、安定して動作し、保守をしやすくするためには、事前にソフトウェアの設計を行うことが重要です。
ソフトウェア設計に用いられる標準的な記法であるUMLを用いて設計を行い、設計通りに実装を行う技法を修得します。

コンピュータアーキテクチャII

コンピュータアーキテクチャをハードウェアとソフトウェアの両面から解説し、コンピュータ内部でプログラムが動作する仕組みと性能に与える影響を説明します。
本講義によりコンピュータアーキテクチャの幅広い知識を身につけると共にコンピュータシステムの性能に関する分析能力を修得することを目標とします。

情報学実験基礎

「情報学実験基礎」は3つのテーマを順に学びます。

  • ①テーマ1の論理回路設計は、実際の半導体回路を使って論理回路の設計から製作までの実現手法を修得します。
  • ②テーマ2のマイクロコンピュータの動作実験は、マイコンの基本動作を修得し、アセンブラプログラムを作成してマイコン制御装置を実際に動かします。
  • ③テーマ3はJavaとAndroid入門として、プログラミングと実験を行います。
履修モデル

主な卒業研究

  • ・画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
  • ・AndroidアプリとTwitterとの連携
  • ・AHPにより選定された買い物ルートの分析
  • ・Mathematicaによる数学と算数の教材作成
  • ・通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
  • ・Android端末上での流れの数値シミュレーション
取得可能な資格解説・関連科目
  • ・基本情報技術者(経済産業省認定)
    情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
  • ・応用情報技術者(経済産業省認定)
    情報技術の応用的知識・技能に関する能力
  • ・CompTIA
    IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
就職について

コンピュータエンジニア・ システムエンジニア・セールスエンジニア・
カスタマエンジニア など
大学院進学(さらに高度な専門知識)

学生 VOICE
*
吉澤普子さん3年生
出身校
井草高等学校(東京都)
この学科を選んだキッカケは?

中学生の頃からPCに興味があり、将来情報系の企業に就職したいと思ったことがきっかけです。PCのプログラムがどのように動作しているのか興味を持ちました。

吉澤さんの時間割
  • 1年生(前期)
  • 2年生(前期)
  • 3年生(前期)

タブをタップすると学年別の
時間割をご覧になれます。

タップすると拡大してご覧になれます

この時間割の
ポイント
教職課程を取っているので、教職を含めた必修科目で上限まで取りました。1年から取れる単位を取っておくことが大事です。 教職課程に必要な科目と学科の必修と選択科目を上限まで全て取りました。空いた曜日は学外の活動などに活用するなどして、有効活用しました。 教職と学科必修を組んだ後、自分の受けたいと思った選択を取りました。4年では卒論と就活に専念したいので上限まで取りました。

1年生で学んだことから成長を感じた
エピソード

コンピュータ処理 I で初めて、プログラミング言語のCに触れました。初めてのことばかりでしたが、初歩的なところから教わることができたので、1から理解することができました。わからないときはSA(スチューデント・アシスタント)に聞いたり、友人と考え合ったりして課題をこなしました。

2学年からコースに分かれ、専門的な内容の講義が増えました。プログラミング I ではCを使って、シューティングゲームを作りました。自分で考えてプログラミングしていくことで、楽しく理解することができました。

3学年になり、さらに専門的な講義が増えました。1、2年生で学んでプログラム言語の基礎をしっかり身につけていることが、応用につながることと感じています。オブジェクト指向言語でJavaを用いて演習を行う際は、常に試行錯誤しています。

将来の夢は?

カメラに携わる仕事に就きたいと思っています。プログラミングを用いて、カメラの新しい機能開発をしたいです。

教員紹介
  • 大石 亨
    大石 亨 Akira Ooishi
    [専門分野]
    認知言語学、計算言語学、コーパス言語学
    [趣味]
    盆栽いじり
  • 河辺 峻
    河辺 峻 Shun Kawabe
    [専門分野]
    マルチコアコンピュータアーキテクチャ
    [趣味]
    音楽鑑賞 クラリネット演奏(初心者)
  • 篠原 聡
    篠原 聡 Satoshi Shinohara
    [専門分野]
    組合せデザイン論および有限体上の代数幾何学とそれらの応用
    [趣味]
    レゴ収集、ラグビー観戦、庭いじり
  • 中島 由美
    中島 由美 Yumi Nakashima
    [専門分野]
    数理モデル
    [趣味]
    音楽・美術・舞台鑑賞
  • 長 慎也
    長 慎也 Shinya Cho
    [専門分野]
    プログラミング言語とプログラミング教育
    [趣味]
    ゲーム制作、電車での国内旅行
  • 丸山 一貴
    丸山 一貴 Kazutaka Maruyama
    [専門分野]
    デバッグ支援、Web閲覧支援
    [趣味]
    音楽・演劇鑑賞
  • 横山真男
    横山 真男 Masao Yokoyama
    [専門分野]
    音楽情報、数値シミュレーション、流体工学、ヒューマンインタフェース
    [趣味]
    チェロ演奏、作曲、鉄道
  • 田中 義一
    田中 義一 Yoshikazu Tanaka
    [専門分野]
    情報学基礎 ソフトウェア
    [趣味]
    米国の国立公園めぐり、テニス(週1)

Course

コース紹介

授業ピックアップ 授業ピックアップ

*