明星大学情報学部情報学科

教員紹介FACULTY

Hiroshi Sato佐藤 浩志
数理・データ科学研究室
大規模データの収集および分析の研究
研究分野とその概要
さまざまな分野において、大規模で複雑なデータを取集し、そのデータの統計的特徴量を分析することから、新たな問題発見や、未来を予測する技術への期待が高まっています。「数理・データ科学」と呼ばれる分野では、人工知能・ロボット・センシングなどの工学技術と融合することから、医療・健康・製造・防災・観光・サービスなど、IoT 化が進む産業界において大きな注目を集めています。当研究室では、大規模データ(例えば、観光情報データ)を用いながら、数理的思考力と統計データ分析およびその活用能力を卒業研究を通じて身につけます。
データに基づく問題解決の力
統計的問題解決力を育みます。統計学は、大学におけるほとんどの学部で必要不可欠な素養であり、実験、調査、観察研究によって得られたデータに基づいて統計的に正しく推論を行う力は、すべての学問分野で必要とされています。分析結果から価値や新たな知見を生み出すには、データの背景を十分に知る必要があるため、情報、統計、プログラミング関連科目ばかりではなく、経済、経営等の幅広い知識が必要となります。
GISを利用した観光情報データの分析
GIS(地理情報システム)はデジタルマッピングや統計データを用いて現実世界を空間的に分析するシステムです。観光情報データとGIS を用いれば、商業施設の立地や観光客の訪問ルートなど、さまざまな対象について高度な空間分析を容易に行うことができます。当研究室では、GIS の基本操作を習得するとともに、空間分析の方法について具体的に学んでいきます。
訪日外国人のGPS時系列データ
訪日外国人のSNS投稿場所
投稿場所ホットスポット分析