明星大学情報学部情報学科

教員紹介FACULTY

Toshitaka Amaoka尼岡 利崇
インタラクティブメディア研究室
情報技術で人、もの、環境を相互につなぐ研究
研究テーマ
  • インタラクティブメディア
  • インタラクティブアート
  • エンタテインメントコンピューティング
  • 情報可視化
研究分野とその概要
人と情報、人と物質、そして人と人をつなぐ新しい技術について研究しています。 実世界とコンピュータなどにより作り出されるデジタル環境を境界なくつなぎます。
情報技術を中心にとらえ、科学・芸術・エンタテインメントの境界領域の研究を行う研究室です。
人は情報を直接触ったり見ることが出来ません。そこで、人が情報とどのように関わるか、その仕組みを考えなくてはなりません。
インタラクション技術とは、その仕組みを考え、実現することを指します。
本研究室では、人と人、人と情報、そして人と人を取り巻く物質・環境をどのようにつなぐかについて研究しています。
そして、その研究成果をエンタテインメント分野やアート等の表現分野へ応用していきます。
人x情報
扱う情報とメディアの特徴を理解し、それを生かした人と情報の新しい関わりを提案します。さらにその手法の応用を行います。
人x人
情報技術を介した、人と人がコミュニケーションを図るための新しい仕組みについて研究します。
人x物質
人とセンサやモータ等の駆動装置を組み合わせた物質(モノ)との新しい関係や人と環境の関係について研究します。

インタラクション技術の他にも、スマートフォンアプリの制作やコミュニケーションツールの開発等人を中心にとらえた、情報技術の活用について研究しています。