明星大学情報学部情報学科

教員紹介FACULTY

Yasutaka Wada和田 康孝
並列分散システム研究室
高性能かつエコなコンピュータシステムに関する研究開発
研究分野とその概要
並列処理技術を軸として、「高性能、低消費電力、かつ使いやすい」コンピュータシステムを実現するための研究を行っています。

従来は、プロセッサの動作周波数を向上させることでコンピュータシステムの性能を向上させてきましたが、発熱や消費電力の観点から、現在では多数のプロセッサコアを同時に利用して処理を分担させる「並列処理」によって性能を向上させることが求められています。さらには、特定の処理を高効率に実行することができるアクセラレータを含む、ヘテロジニアスなシステムの利用も広がっています。しかしながら、このようなシステムの性能を十分に引き出すためには、ソフトウェアの開発に熟練した技術・知識・経験が必要であり、多大なコストがかかります。このような問題を解決するため、通常の逐次プログラムを自動的に並列プログラムに変換する仕組みや、そのようにして変換された並列プログラムをより高速に実行可能とするコンピュータアーキテクチャ、さらには、いかにプログラムの実行性能を保ったままシステムの消費電力を低減するか、といった課題に取り組んでいます。
キーワード
・マルチコア/メニーコアアーキテクチャ
・並列処理
・自動並列化技術
・グリーンコンピューティング
・ヘテロジニアスコンピューティング
卒業研究題目例
・組込みシステム用ヘテロジニアスマルチコア向け消費電力制御ライブラリの実装
・物理エンジン LiquidFun の OpenMP を用いた並列化
・ LLVM におけるマルチバージョン化を用いたループ並列処理時の性能低下の抑制
・ボードゲーム Blokus におけるプレイヤー AI の並列化
・ Hadoop による分散処理を用いた Twitter ハッシュタグと頻出単語の相関解析