情報学部 情報学科
授業ピックアップ
授業ピックアップ

授業ピックアップ

基礎ゼミナール(1年生)

『基礎ゼミナール』では情報学部への導入として、能動的な学びの姿勢を身につけてもらうことを目指
して、座学だけでなく自ら頭をつかい、手を動かしながらのアクションを通じたアプローチを中心とし
た講座が用意されています。

基礎ゼミナールA
(フラッシュ分野)
担当教員:横山 真男  他

インターネットコンテンツは日々進歩しています。webサイトを開けば、音楽や映像が流れたり、マウスをドラッグするとアニメーションが動き出したり、 それらのよく見かける機能の多くはFlashによって作成されたものです。どうして動くのだろうと思ったことはありませんか?

意外に知られていませんが、FlashはWeb以外の表現用途でも使われています。例えば、企業のプレゼンテーションムービーなどでも、イメージのクオリティを上げたいときに活躍します。 基本さえ押さえてしまえば、誰でも作成可能! 表現力が豊かなツールとして、個性を活かしたコンテンツの創造が可能なFlashを体験してみませんか?

*
横山 真男

仲間とは違う
Web表現を
発信しよう

担当教員:横山 真男

いつも見ているwebサイトの裏側を知りたいと思ったことはありませんか? インパクトの強い魅惑的なコンテンツには最新のテクノロジーが使用されています。 洗練されたコンテンツを作成してみたい人は、ぜひFlashを学んでみるといいでしょう。Flashは動きのあるビジュアル表現を可能にするWeb制作ソフト。 業界のスタンダードとして、プロのクリエイターも数多く利用しています。授業では、Flashアニメの原理を基礎から理解することがきます。 理解が進んだ学生は、双方向コミュニケーションが可能なインタラクティブなwebサイトの作成にも挑戦します。仲間に差をつけるWeb上の表現にチャレンジしてみませんか?

基礎ゼミナールB
(ロボット分野)
担当教員 飯島 純一  他

皆さんは「ロボット」と聞くと、どのようなものを想像しますか?人間の姿をした二足歩行のロボットを思い浮かべる人が多いでしょう。 実は、形はさまざまで、人型とは限りません。目的の作業・操作をコンピュータの指令により、コントロールされて行う機械や装置の総称をロボットと言うのです。

人間が運べない重い荷物や精密な作業、危険な仕事など、多くのロボットが産業界では活躍しています。掃除、洗濯などを代行してくれる家庭用ロボットの開発も進んでいます。 今後は、介護や医療の現場でもロボットの担う役割は増えることが予想できます。ロボットは、私たちの日常と切り離せない存在になっていくでしょう。

*
飯島 純一

めざましく進化する
技術を楽しもう!

担当教員:飯島 純一

今や人に代わってロボットが仕事をしてくれる時代。私たちの生活に密着したロボットの例を挙げると自律移動式の掃除機が挙げられるでしょう。 部屋の形や障害物センサで察知し、掃除機自身が考えて移動します。 こういったロボットの基盤となっているのが、基礎ゼミナールで勉強する「システムの最適な動作を実現するプログラミング」。そこにさまざまな技術や工夫が加わり、精度の高いロボットが完成します。
近年、技術がめざましい進化をとげています。数年前まで不可能だった技術が、今は当たり前になっていることも。しかし、現状が技術の頂点でありません。まだまだ向上の余地はあります。 可能性は無限大。ぜひ皆さんにもさまざまな挑戦をしてもらいたいと思っています。

基礎ゼミナールC
(ネットワーク分野)
担当教員 渡辺 晶  他

「いつでも・どこでも・誰とでも」互いが自由につながりあう本格的なユビキタス社会に向かうこの時代。 いまやネットワークは「人と人」、「人と企業」、「企業と社会」を架け橋する社会インフラとして、欠かすことのできない情報動脈として、日進月歩の進化が続いています。

そして、ブロードバンドとその上を走る豊かなコンテンツ、さらにそれを活用するためのデバイスが三位一体となった技術革新が進行。 固定通信と移動通信、さらに放送が複合化した新しい文化が産声を上げ始めています。そんな新しい文化の実現を支える存在が、ネットワークなのです。

*
渡辺 晶

めざましく進化する
技術を楽しもう!

担当教員:渡辺 晶

固定/移動電話や情報通信、放送など通信の複合化が進む中で、家電品やオフィス機器、住宅設備など、 私たちの暮らしやビジネスを取り巻くあらゆるものにインターネットの住所であるIP(Internet Protocol)アドレスが振られ、高い自由度をもったネットワークにつながる「オールIP」時代が到来しつつあります。 そんな次代を牽引する若い世代の皆さんは、家電品やスマートフォン、ゲームなど、あらゆるモノに満足せず、より高い機能や利便性を求める姿勢を保ち続けてください。 というのも、現状の問題点を発見し、不満への解決策を探る視線こそが、技術の進歩や今まで存在しなかった新たな製品を生み出す源泉力だからです。

Course

コース紹介

授業ピックアップ授業ピックアップ

*