明星大学情報学部情報学科

カリキュラムCURRICULUM

特徴的な科目群

学生同士や、社会との相互作用で学びを深める科目群
対象科目 情報ワークショップ1・2・3、プロジェクト実習・実験1・2
対象学生 情報学部学生全員

情報学は、一人で学ぶだけでは十分ではありません。社会と関わることで情報技術が社会の問題を解決する、そして未来の社会を形作る上でいかに重要かを知ることができます。また、学生同士でコミュニケーションを図りながら学ぶことで、その目的をより深く考え創意工夫をすることが可能になります。この科目群は、グループワーク主体で授業が進行します。授業内で与えられる目的に向かい学生同士で協力し相互に学び合うことで、情報技術を習得できるように設計されています。社会とのつながりを目的とした実践的なプロジェクトを通し、情報学がどのように必要とされ、活用されているかを考えるきっかけや気づきが得られます。グループで社会と関わることで、仕事における共働についても学ぶことができます。情報技術、人、社会を横断した学びの場となる科目で、大学で学ぶことの意義、社会に出ることを意識した学び、そして情報学の楽しさを体験できます。

プログラミングを基礎からしっかりと学び、応用力を養う科目群
対象科目 プログラミング序論、プログラミング演習1・2・3、情報ワークショップ1・2・3
対象学生 情報学部学生全員

情報学部に入学する学生でも、コンピュータ操作に長けている人やプログラミングをしたことがある人ばかりではありません。情報学は面白そうで将来性があると思うが、コンピュータはあまり操作したことがない、もしくはExcelやWordを使ったことはあるが、プログラミングは自信がなく不安だという入学生も多くいます。
この科目群では、情報学分野の先端の研究を行う前に、まずはしっかりとした基礎固めを行います。一からコンピュータやプログラミングを学べるようになっており、すでにコンピュータの操作に慣れている人やプログラミングの経験者にとっても、改めて基礎を確認する機会となり、さらにその先を目指す準備にもつながります。ここで基礎を集中的に学び身に付けることは、社会に出て新しい技術を使わなくてはならない場面に直面した場合でもそれに対応できる力、すなわち独学できる力を養うことになります。この科目群に続くものとして、その基礎を応用させるためのバリエーション豊かな専門科目が用意されています。

最先端の専門分野を学べる科目群
対象科目 先端情報学A, B, C, D
対象学生 新しいものが好きな人、情報学の先端を学びたい人、研究者を目指したい人

情報技術が関連するニュース、例えば人工知能、自動車の自動運転、IoTなどが連日ニュースを賑わせています。情報技術はドッグイヤーで進んでいると言われるように、話題となる技術や専門分野も非常に早く移り変わって行きます。この科目群では、社会で話題となっている技術を含めた最先端の専門分野を学べる科目群を用意しています。「先端情報学」は名前の通り、その時代で話題になっている、もしくは話題になるであろう最新の専門分野をいち早く取り入れ、学べる仕組みを用意してあります。これにより、社会で必要とされている技術を学び、常に最新の技術を学ぶ環境を整えています。

教育分野で情報学を活用する科目群
対象科目 情報ワークショップ1・2・3、コンピュータと教育
対象学生 教職を目指す人、教育分野に関わりたい人、教えることに興味がある人

「教育の明星」である明星大学の情報学部にも教育分野、教育産業に興味を持つ学生が多くいます。また、小学校でのプログラミング教育が2020年から始まることから、「情報と教育」は非常に注目されている分野でもあります。この科目群では、情報学と教育分野の親和性の高さを生かし、広く情報と教育の可能性について学びます。ワークショップでは、グループワークで設定された目的を達成するために、ディスカッションを行い、グループ内で相互に学び合うことで「学びとは何か」「教えることの手法」などを実践を通して考え身に付けることができます。また情報と教育では、プログラミング教育について教え方はもとより、ICTを活用したプログラミング教育のための環境の構築に渡り、まさに「情報と教育」を多岐にわたり学ぶことができる授業です。「情報と教育」を幅広く学ぶための科目群です。

多様な履修モデル

  • クラウドエンジニア
  • ソフトウェア開発
  • マルチメディアと
    知覚デザイン
  • 組込みシステム
  • 数理科学と
    データの活用
  • 情報の活用と教育

クラウドエンジニアCLOUD ENGINEER

SNSやオンライン機能のあるゲームなど、インターネットを利用したサービスをユーザに提供するには、そのための情報システム=ITインフラを設計・構築するだけでなく、セキュリティを維持して安全に運用する必要があります。技術の発展に合わせて新しい知識を吸収し、トラブルを解決して安定的に運用するための能力が重要です。

この履修モデルでは、ITインフラを設計・構築・運用する技術で必要となる科目群を設定しており、情報処理技術者試験のような国家資格への挑戦にも適しています。幅広い分野の理解に基づいて、最新の技術にも対応できる基礎力をしっかり身につけ、ITなくしては成り立たない時代を支え続ける人材を育成します。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • システムエンジニア・ITコンサルタント・セキュリティエンジニア など
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)

    ソフトウェア開発SOFTWARE DEVELOPMENT

    コンピュータを動かすためのソフトウェアは、日々進化をしており、新しいプラットフォームも次々と誕生しています。また、利用者のニーズも多様化しており、新しいソフトウェアを開発する需要はこれからも増え続けるでしょう。

    この履修モデルでは、ソフトウェアを作るためのプログラミングの技法を幅広く学ぶことに焦点を当てています。また、単独のプログラムを動かすだけでなく、ネットワークに接続された他のシステムと連携するソフトウェアを正しく構築できる技術を身に着け、情報技術の発展に貢献できる人材を育成します。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • プログラマー・組込みシステムエンジニア・ウェブプログラマー など
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)

    マルチメディアと知覚デザインMULTIMEDIA & PERCEPTION DESIGN

    コンピュータの性能の発展に伴い、映像と音をはじめとするマルチメディアを用いた表現は飛躍的に進歩しています。情報技術はいまやアートやメディアの分野でも必須のテクノロジーとなっており、プロフェッショナルの現場で様々な形として活かされています。

    この履修モデルでは、音声、画像、センサー等から集められる情報を統合するコンピュータ処理についての基礎を学び、さらにプログラミングおよび評価実験を通して高度な情報の分析手法や表現技法・情報提示方法、システム開発などを行います。情報技術を様々な他分野と融合し、テクノロジーと創造性を駆使することで、社会貢献できる人材を育てます。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • システムエンジニア・ウェブデザイナー・ウェブプログラマー など
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)

    組込みシステムEMBEDDED SYSTEM

    「組込みシステム」は聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は、世の中にあるコンピュータシステムのほとんどが組込みシステムであると言っても過言ではありません。例えば、情報家電やロボット制御、自動運転などに用いられているコンピュータを思い浮かべてみてください。身近にあるコンピュータの多くが、私たちが連想する「パソコン」等とは大きく異なるものであることが想像できると思います。

    この履修モデルでは、ハードウェア・ソフトウェアに関する幅広い知識を養うとともに、それらの関連・体系を理解できるように科目群を設定しています。組込みシステムに関する分野のみならず、情報技術に関わるあらゆる分野で活躍できる人材を育成します。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • プログラマー・組込みシステムエンジニア・セキュリティエンジニア など
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)

    数理科学とデータの活用MATHEMATICAL SCIENCE & UTILIZATION OF DATA

    現代社会では、膨大な量のデータが収集・蓄積されています。それらのデータから価値を探索・分析・表現したりする事で、価値を創造することが重要視されています。莫大なデータの活用例の一つとして人工知能が挙げられますが、他にも企業や組織における意思決定等、様々な場面で活用されています。このようなデータ社会では、プログラミングやデータ処理の技能、統計解析や数理科学への興味・理解が要求されます。

    この履修モデルでは、データ処理、数理科学、統計学を系統的に学べるよう科目群を設定しています。これからのデータ社会で幅広く活躍することができる人材や、情報科学・数学教育を担い支える人材を育成します。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • システムエンジニア・セールスエンジニア・ITコンサルタント
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)

    情報の活用と教育UTILIZATION OF INFORMATION & EDUCATION

    高度情報化社会で活躍できる教員や人材を育成するため、数学や情報学を包括的に理解できる幅広い視野を育み、試行錯誤を通して目的を遂行できる知識や技能を養成します。その結果、コンピュータを積極的に駆使し、情報学の面白さと重要性を体系的に伝えられる人材となることが期待されます。

    この履修モデルでは「プログラミング教育を指導できる人材」を養成することを目的として、情報学を教えるために必要な知識や指導法に関する科目を幅広く設定しています。演習やグループワークなどを通したプログラミング学習をはじめ、教育産業で広く利用されているオンライン教育・学習管理システムなどの情報技術、それらシステムにおける教育データの利活用などについて必要な知識・技能を学び、主として教育界で活躍できる人材を育成します。

    履修モデル表

    配当年次・分野別科目表(PDF)
    • 全学共通科目
      必修
      自立と体験1 健康・スポーツ科学論 健康・スポーツ演習1 情報リテラシーa・b 外国語(英語)
      選択
      哲学 倫理学 論理学 宗教学 美学 心理学 教育学 思想への招待 外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)言語核 言葉の思想 科学 コミュニケーション論 映画と音楽で学ぶ英語 異文化体験 異文化で学ぶ英語 日本事情 外国事情 日本の文学 外国の文学 文化人類学 人文科学論 日本史 西洋の歴史と文化 中国の歴史と文化 考古学 日本の芸能 日本民俗学 自然科学史 図像学 社会の仕組みと人間の営み 法学 現代政治を読み解く 社会科学論 国際関係論 21世紀経済への視点 グローバル時代の経営 情報社会文化論 生涯学習論 図書館の基礎と展望 社会に生きる私たちの人権 女性の生き方 地図を読む ボランティア論 情報法制論 地球惑星額 科学技術論 統計学 基礎数学 生物学 物理学 科学 自然科学入門 人類と環境 自立と体験3 自立と体験4
    各科目のシラバスをチェック
    主な卒業研究
    • 画像における色の近さを用いたスマートフォン画面の認証方式
    • AndroidアプリとTwitterとの連携
    • AHPにより選定された買い物ルートの分析
    • Mathematicaによる数学と算数の教材作成
    • 通信速度の学習に基づく対外回線の自律制御
    • Android端末上での流れの数値シミュレーション
    取得可能な資格解説・関連科目
    • 基本情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の基本的・総合的知識に関する能力
    • 応用情報技術者(経済産業省認定)
    • 情報技術の応用的知識・技能に関する能力
    • CompTIA
    • IT業務における実践力、応用力を評価する国際的な認定資格
    就職について
    • システムエンジニア・プログラマー・ウェブデザイナー など
    • 大学院進学(さらに高度な専門知識)