明星大学情報学部情報学科

トピックスTOPICS

イベント

2018年度公開講座「はじめてのデジタルフォレンジックス演習」〜 サイバー攻撃の被害を分析・評価・報告する技術 〜

主催:明星大学 情報学部
後援:ストーンビートセキュリティ株式会社、マカフィー株式会社

更新情報

  • 9/12
  • 9/6
    • 9/5時点の演習参加申し込み済みの方へ、予習教材へのアクセス方法をメールでお送りしました。
    • 事前申し込みを締め切りました。空席が十分ありますので、当日のご参加も歓迎いたします。
  • 8/29
    • 8/28時点の演習参加申し込み済みの方へ、予習教材へのアクセス方法をメールでお送りしました。
    • 申し込みの締切を、2018年9月5日(水)に延長しました。

標的型攻撃や身代金を要求するランサムウェアに加えて、近年では日本語のマルウェアメールが増えると共に、無線LANルータ等のIoT機器に対する攻撃が活発になっています。IoT機器も含めた更新プログラムの確実な適用、従業員へのセキュリティ対策の啓蒙といった対処は引き続き重要ですが、多様化する攻撃に対してはいたちごっこの状況にあると言わざるを得ません。

セキュリティ対策の方針として、攻撃を受けた際の被害をいかに迅速かつ正確に把握して対策を講じ、顧客等に真摯に説明できるか、つまり全体としての被害を最小化できるかという「被害管理」の視点を持つことが重要となっています。

明星大学情報学部では2015年度以降、後援各社の協力を得て、サイバー攻撃及びデジタルフォレンジックスに関する実機を用いた演習を無料の公開講座として実施してきました。4度目となる今年は、2016年度に実施した内容を大幅に見直して、改めてデジタルフォレンジックスを取り上げます。《デジタルフォレンジックス》とは、攻撃の具体的な経緯や被害の範囲、攻撃者の目的を把握するための分析作業であり、攻撃を受けた自社の被害を把握するだけでなく、顧客の個人情報漏洩の有無やその範囲を把握して迅速に対応するための、重要な段階と言えます。

デジタルフォレンジックスの実務そのものは外部の専門家に委託するというケースもありますが、攻撃者の意図を把握したり、いざというときのためにどんな情報を記録しておくべきかを理解しておくことは、社内の情報システムを企画・設計する上でも役に立つことと思います。

本公開講座では、フォレンジック手法を実際にPCで体験する演習参加者(主に高校生・大学生・大学院生を想定しております)と、演習は行わず聴講のみの一般参加者に分けて募集を行います。

演習参加者向けには、今年も簡単な予習教材をご用意します。公開講座当日に扱うキーワードや基本的な事項について事前に触れておきたい、という方はこちらをご一読ください。当日に講師の説明を聞きながら演習課題に取り組むことで理解を深めた上で、最後にコンテスト形式で問題にチャレンジします。

セキュリティには興味を持っているが、どのような勉強から手を付けてよいか分からないと考えている方、基礎的な知識を深めたい方、攻撃の実際的な手法について学びたい方など、幅広い方にご参加いただければ幸いです。

日時 2018年9月9日(日) 13:00〜17:00(12:30受付開始)
会場 明星大学 日野キャンパス 26号館 2F 201教室
交通アクセス(公共交通機関をご利用ください)・キャンパスマップ
参加費 無料
参加方法 2つのカテゴリーがあります。カテゴリー1(演習参加者)は事前申し込みが必要です。カテゴリー2(一般参加者)も事前申し込みを受け付けますが、空席があれば当日のご参加も可能です。
応募締切 2018年9月3日(月)9月5日(水)に延長しました → 事前申し込みは締め切りましたが、空席が十分ありますので当日のご参加も歓迎いたします。
プログラム
13:00〜13:20 サイバー攻撃への備え 〜インシデントレスポンスの観点から〜
(明星大学 情報学部 准教授・丸山一貴)
13:20〜13:50 デジタルフォレンジックス基礎
(マカフィー株式会社 プロフェッショナルサービス本部 シニアトレーナー・高谷 宏幸)
14:00〜16:30 デジタルフォレンジックス演習
(ストーンビートセキュリティ株式会社)
16:40〜17:00 表彰式・まとめと質疑
(明星大学 情報学部 准教授・丸山一貴)
募集要項
カテゴリー1 演習参加者
定員 10チーム・最大30名
応募の条件

1. 原則として、開催日当日に高校生、大学生または大学院生であること。これら以外の方からお申し込みがあっても、当日に空席がない場合はカテゴリー2(一般参加者)としてご参加いただきます。

2. PC操作に習熟しており、セキュリティに興味があること。

3. 予習教材の配布等のため、インターネットのメールで連絡可能なメールアドレスを持つことと、Webブラウザにより教材(WebページまたはPDF形式)の閲覧が可能なこと。

4. OS、ネットワークの基本的な知識を持つことが望ましいですが、必須ではありません。

申し込み チーム単位(最大3名)にてお申し込みください。3名未満でお申し込みの場合、申し込み状況により他のチームと合併して、3名チームにさせていただく場合があります。
【演習参加者用申し込みページ】 → 事前申し込みを締め切りました
備考 演習に使用するPCは、1チームあたり3台をご用意しますので、こちらをご利用ください。
カテゴリー2 一般参加者
定員 40名
応募の条件 特にありません。公開講座の一部のみご参加いただいても結構です。
申し込み 【一般参加者用申し込みページ】 → 事前申し込みを締め切りました
本件に関するお問い合わせ先

明星大学 情報学部 公開講座「はじめてのデジタルフォレンジックス演習」担当
cyber2018_at_is.meisei-u.ac.jp(_at_ を @ に置き換えてください)